皿割りまくり日誌

何かにつけて皿を割りがちな20代

愛は飛び越えられるのか

言葉は便利で、それでいて不便だ。

「愛」と一言で言ってしまえば、なんとなく、本当になんとなく誰しもが頭に思い描くものがあるだろう。

大抵は「愛」と言えば美しくて暖かいものを想像するだろうが、悲しいことに「愛」は時々言い訳にも使われてしまう。

とくに、自己肯定間の低い人間は「愛」の餌食になりやすい。

自分で自分を認められないがゆえに、心に空いた大きな穴を他人に埋めさせようとするからだ。

ぽっかり空いた穴を埋めるために、なんの芯もない綺麗なだけの言葉を安易に受け取り、大切に大切に抱えてしまう。

f:id:washyno:20170629005526j:plain

そういう奴は、20歳の頃、クリスマスに遠距離中の彼氏に会いに行って、終電後の東京の見知らぬ駅で音信不通のまま1時間半待ちぼうけを喰らったり、クリスマスに玄関先で関節技をキメられたりする。

もうどう考えても前世でクリスマスに何か許されない罪を犯しているし、もし将来女の子を産むことがあれば、クソ野郎の見分け方とダメ女にならない方法だけはしっかり教えた方が良い。

ていうかクリスマスに彼女の間接をキメるって何?

お前の学校だけ道徳の授業一切禁止されてたんかよ。

(東京駅で待ちぼうけ喰らった時は、うずくまって泣いていたところに泥酔したサラリーマンに「もう帰ろう…もう、帰ろう…」と背中をさすられて声を上げて泣いた)

恋愛でないにしろ、「愛」という漠然とした美しい言葉に踊らされることはきっと誰でも一度は経験があるのではないだろうか。

でも、馬鹿なことだけど、生々しくて、いいな、とも思う。

そういうものを繰り返して大人になった人は、芯のない、綺麗なだけの言葉はきっと使わない。

私たちは「愛」を克服することはできないだろう。

でも、どうせ踊らされるのであれば、綺麗にお化粧をして、真っ赤な靴でも履いて踊ってやれば良い。

f:id:washyno:20170629005522j:plain

それが私にとっての「愛を飛び越える」ということ。

そんな想いで作ったのが「潮騒」という曲です。

 

愛は飛び越えていける。

それがどれだけ無様で、滑稽だとしても。

 

www.youtube.com

7/15(土)心斎橋FANJ

コハクノアカリTOUR2017 『ファンファーレが響く頃』 st17:30 adv 2,000(別途1D)

ユミルの庭/コハクノアカリ(東京)/七燈(fromイトカムトビコ)/Fractequal/アサモドキ/Suuuuuuuu

 

 

海底よりずっと険しい場所へ 6/2(Fri)for example you sell the sea@SOCORE FACTORY

6/2(Fri) for example you sell the sea @SOCORE FACTORY


for example you sell the seaと言えば、暗く、激情的で、自分自身がこれまで目を逸らしていた内省をえぐるような楽曲で独自の世界観を確立しているロックバンドである。

for example you sell the seaの音楽の中に「救い」はない。と私は思う。

youtu.be

 

youtu.be

『浜辺』と『負債』を聴いていると、寒々とした冬の海が見える。

荒れ狂う海を前にした自分は、何もせずに佇んでいたり、

腰まで冷たい海に浸かって、言葉にならない声を上げていたり。

 

そしていつも、「救いがないことが唯一の救いなのだ」という文豪・坂口安吾の言葉を思い出す。

 

いつか救われる、楽になる、そう信じて出口のないトンネルをさ迷うことがどれだけ絶望的なことか。

はじめから「救いなんてないのだ」とわかっていれば、出口を探さずに済む。

あるかどうかもわからない「救い」にすがらずに生きていける。

 

for example you sell the seaの音楽は、聴く者を強くする。

果てまで落ちた底で、「これが全てだ」と言わしめる強さを与えてくれるのだ。

 

そんな中、6/2、SOCORE FACTORYで、私は目撃してしまったのである。

 

この日は新曲ばかりのセットリストで、MVとなっている『浜辺』も『負債』も演奏されなかった。

aikoみたいな曲やるから楽しみにしてて」

そんなリョーイノウエ(Ba)さんの言葉が頭をよぎったのは2曲目に差し掛かった時だった。

少し黄みを帯びた照明がぱ、ぱ、と移り変わり、ステージを照らす中、

飛び込んでくるリズミカルで「キャッチー」なフレーズ。

どきどきした。

もちろんテトラポットを登るような爽やかな海の風景とはほど遠い。

それでも、彼らはもう海の底にはいなかった。

腰まで浸かっていた海から出て、じっと海を睨み付けている。

 

彼らが海底よりずっと険しい場所へ進もうとしていることをまざまざと見せつけられたのは、その日最後の曲となった『カーテン』だ。

『浜辺』や『負債』を思い出させるような仄暗い音楽。

それでいて、この日序盤から感じていた「軽やかさ」は確実に聴く者を海の底から引きずり出そうとしていた。

赤い照明の中、メンバーの誰も前を見ない。

ボーカルの熱く、それでいて繊細すぎる歌声だけが真っ直ぐ観客を見ていた。

海底から這い出たとして、依然として目の前の海は荒れ狂っているのだとわかる。

 荒れ狂う寒々とした海に、溺れるでもなく、佇むでもなく。

 

この夜、for example you sell the seaは海の底から浮上した。

ついに「救い」を見つけてしまった彼らは、寒々とした海の底よりずっとずっと険しく、荒れ狂った場所へ歩を進め始めたのだ。

新しい場所へ辿り着いた時、もう一度『浜辺』や『負債』のような「救いのない」曲を披露したとしたら、どうなるのだろう。

これまでより更に激しく、内省をえぐられる瞬間を心待ちにしてしまう自分がいる。

 

for example you sell thesea

for example you sell thesea

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露出狂はじめました。

 

 

2018年がすぐそこまで来ている。

これは決して大袈裟なんかじゃない。

もし笑う鬼がいたとしたら、そいつは夏休みの宿題を8月30日の朝まで残しておくタイプに間違いないし、そのくせ「宿題をやっていかない」という選択肢を選べない小心者に違いない。

昔、「夏休みの友」の各所にうすくノリを塗って張り合わせて物理的にページを減らしたことがあるけど、

脳みその9割が筋肉でできている担任の先生に容赦なくもみあげを引っ張り回されたので、宿題は絶対にやった方がいい。

先生元気かな。

今も独断で1限~4限までを勝手に体育の授業に変えるのかな。

100メートルを23秒で走る私を見て言った、

「そんなに遅くしか走れない脚切り取って他の誰かにあげてしまえ」

というパワーワード

他の誰かって誰だよ!!!!!

 

昔、読書感想文を「文章が子供らしくない」という理由で、居残りまでして書き直させられたけど、

今考えても「おいおい脳みそを占める筋肉の割合減らしてから出直してきな子猫ちゃん」て感じだし、

「子供らしい文章」って何だったんだろう、何が正解だったんだろうって思う。

その時私が思ったことを私が書いたんだから、それは「私の文章」なんちゃうんか?お?????

 

まあここで怒っていようと、容赦なく2017年は終わるし、2018年はやってくる。

そして脳みそ9割筋肉マンはこうしている間にもどんどん遺伝子を残し続けている。

 

人生も、「夏休みの友」みたいにところどころをノリで貼り付けて、短縮することはできるかもしれない。

それでも、いつまでも終わらないようにとページを増やすことは絶対にできない。

 

言葉で傷ついたから、言葉を大切にしたい。

だからこそ歌詞を書いて、それを歌にしたいと思ったし、

今もバンドで歌っているんだと思うから。

 

この上半期が終わるタイミングで、もう一度「書く」ということに立ち返ってみようと、そういう気持ちでブログを立ち上げました。 

 

誰も「見せて」なんて言ってないのに、「書くわ。ブログ作るわ。ブログみてや!!」って、これはもうほぼ露出狂と一緒。

見て!!!!!私の恥ずかしいところ見て!!!!

 

6月から露出狂始めました。