皿割りまくり日誌

何かにつけて皿を割りがちな20代

露出狂はじめました。

 

 

2018年がすぐそこまで来ている。

これは決して大袈裟なんかじゃない。

もし笑う鬼がいたとしたら、そいつは夏休みの宿題を8月30日の朝まで残しておくタイプに間違いないし、そのくせ「宿題をやっていかない」という選択肢を選べない小心者に違いない。

昔、「夏休みの友」の各所にうすくノリを塗って張り合わせて物理的にページを減らしたことがあるけど、

脳みその9割が筋肉でできている担任の先生に容赦なくもみあげを引っ張り回されたので、宿題は絶対にやった方がいい。

先生元気かな。

今も独断で1限~4限までを勝手に体育の授業に変えるのかな。

100メートルを23秒で走る私を見て言った、

「そんなに遅くしか走れない脚切り取って他の誰かにあげてしまえ」

というパワーワード

他の誰かって誰だよ!!!!!

 

昔、読書感想文を「文章が子供らしくない」という理由で、居残りまでして書き直させられたけど、

今考えても「おいおい脳みそを占める筋肉の割合減らしてから出直してきな子猫ちゃん」て感じだし、

「子供らしい文章」って何だったんだろう、何が正解だったんだろうって思う。

その時私が思ったことを私が書いたんだから、それは「私の文章」なんちゃうんか?お?????

 

まあここで怒っていようと、容赦なく2017年は終わるし、2018年はやってくる。

そして脳みそ9割筋肉マンはこうしている間にもどんどん遺伝子を残し続けている。

 

人生も、「夏休みの友」みたいにところどころをノリで貼り付けて、短縮することはできるかもしれない。

それでも、いつまでも終わらないようにとページを増やすことは絶対にできない。

 

言葉で傷ついたから、言葉を大切にしたい。

だからこそ歌詞を書いて、それを歌にしたいと思ったし、

今もバンドで歌っているんだと思うから。

 

この上半期が終わるタイミングで、もう一度「書く」ということに立ち返ってみようと、そういう気持ちでブログを立ち上げました。 

 

誰も「見せて」なんて言ってないのに、「書くわ。ブログ作るわ。ブログみてや!!」って、これはもうほぼ露出狂と一緒。

見て!!!!!私の恥ずかしいところ見て!!!!

 

6月から露出狂始めました。