皿割りまくり日誌

何かにつけて皿を割りがちな20代

差し出された手を握り返すことはできるか

文章書くのってはちゃめちゃに体力使うことを忘れていたものだから、

一ヶ月以上更新のない選ばれしブログにのみ表示される広告が出現してしまった。

 

書けることと言えば、一昨日おばさんになったことくらいだ。

揶揄的なことじゃなくて!戸籍的におばさんになった。

生まれたての甥っ子の動画が送られてきて、

なんかこう、こういうのを「エモい」っていうんだろうな。

生まれてきたばっかりなのにちょっと笑ってるのすごくない?

まだ開けにくいんであろうほっそい目を必死に開けようとしてて、

自分の意志とは関係なく急に産み落とされたのにモチベーションすげえなおいってちょっと感心してしまった。

もうちょっとしたら握り返し?反応?やっけ、なんか手を出したらきゅって握り返せるようになるのかな。

差し出された手を無意識に握り返すことができるってすごい。

赤ん坊を見るといつも思う。

そんな当たり前のこと、いつの間にかできなくなってしまうんだよなあ。

微笑み返すことも、感情をわかりやすく相手に伝えることも、

差し出された手を握り返すことも。

赤ん坊ができること、今やろうとするとめっちゃ難しい。