皿割りまくり日誌

何かにつけて皿を割りがちな20代

ユミルの庭とわたし

お前ネット環境あるの昼だけじゃないん?て思ってる?

ブログのために無理やり残ってるよ。

ネット繋げんって愚痴も言えんストレスで胃炎ってまじ笑えん 韻踏める

 

中学、高校と地元福井のクソ田舎で軽音に入りながらコピーバンドをしたり、

ピアノと一緒にオリジナルユニットをやったり、

田舎ながらも一生懸命に音楽をしていました。

 

大阪に出てきて、「ハツカネズミは笑わない」というバンドを始めました。

ありがたいことに見放題に出してもらって、沢山の人に出会って、

自己顕示欲と自己表現と自己愛と自己嫌悪にもまれながら、

そして他者あっての自己、という価値観を形成しながら、

私は憧れの「バンドマン」になったのでした。

 

でも色々あって2014年にハツカネズミは笑わないが解散すると、

そこからはもう何もなくなってしまった。

「前バンドやってたんですよね」とか、

なんか恥ずかしくて言いたくなかった。

誰かがそう言うのは全く気にならないけど、

私は「今」この瞬間にバンドをできていない自分がバンドマンを名乗るというのが恥ずかしくて仕方なかった。

色んなバンドのライブを見に行ったけど、

良いライブを見れば見るほど悔しくて泣けた。

二度ともうあのステージには立てないかもしれないと思った。

 

そんな中で今のメンバーと出会い、そして脱退などなどを繰り返しながら、

少ない本数ながらライブをしてきました。

 

ライブの本数少なすぎて「いやまじ誰だよ…」ってなるよねわかる…

わかりすぎて…なんか…ごめんな…

でも私にとっては、私をまたステージに立たせてくれた特別なバンドです。

 

「音楽」と「バンド」ってジャンル的には同じだけど、

厳密に言うと全然違うと思っていて、

本当に人によって定義が違うから、あくまで私の中での話だけど、

「音楽」はいつでもどこでも一人だって楽しめるけど、

「バンド」は誰かとどこかで誰かに向けてやるものだと思ってるんです。

「誰か」と「どこか」で「誰か」に向けて発信することの、

責任と覚悟が必要だと思っていて。

でもその「責任」と「覚悟」のとりかた、方法というのは人によって違う。

本当に方法が違うだけで、皆それぞれ覚悟を持って、自分の音楽の責任を取ろうとしてるんだよなあ、とメンバーと話し合う中で実感した。

誰かが何かを大切にする姿は美しいし、尊いなと心の底から思えた瞬間でした。

そして、私もそうでありたい。

大切なものを大切にしたいし、

覚悟を持って責任を取りたいなと思いました。

このまま続けていくこともきっとできるけど、

次のライブをラストライブにして、最高のライブを見てもらう、

というのが私たちの自分たちの音楽に対する決着だね、という話になりました。

 

ライブ本数も少ないのに、本当に毎回ライブに来て下さる方もいて、

ライブに誘って下さる方々がいてくれて、

そういう方たちの期待に応えられなかったことが本当に申し訳ないです。

そして本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

 

3/3(土)神戸ART HOUSEは、

doppel dropのドラム、タカハシシュンタさんにサポートをお願いします。

そして実は前回のライブから、ベースは私の前のバンド「ハツカネズミは笑わない」のベースのかなたににサポートをお願いしていました。

 

 

最後だから、というのは狡いなと思うけど、

今までで一番良いライブにするから、見に来てほしいです。

 

あと私たちの都合で勝手にラストライブにしてしまいましたが、

イベント自体本当に素敵なメンツの中に入れて頂いているので、

純粋に楽しんで頂ければと思います!

 

これから私はmisokaで、ギターのぽけさんはオオハシで音楽を続けていきます。

もし少しでも興味を持って頂けるのであれば、ぜひチェックして頂けると嬉しいです。

そしてもちろんシュンタさんはdoppel dropでどえらいドラム叩いてるので、

そちらも見逃せないぜって感じです!

 

多分「何生意気言ってんだこいつ」「きれいごと乙」みたいな気持ちになる人もいるだろうけど、本当にそう思ってるから仕方がないんだ…

 

先日またひとつ歳をとりました。

25歳までの私が終わって、26歳の私が始まっていく。

ユミルの庭というカタチが一旦終わるけど、みんなの音楽がまた始まっていく。

 

話し合いの時に投げかけられた、

「どうして音楽がしたいの?」

という質問の答えを、常に自分に確認しながら生きていきたい。